今更聞けない「風俗」

癖になるのが風俗かなと思う

思えば初めは興味本位で利用したんですよね。どんなものなのか、知らないよりは知っておいた方が良い。そんな気持ちで風俗を利用したのを覚えているんですけど、気付いたら癖になっていつのまにか風俗の常連になっていました。どこかのお店の常連って意味ではなく業界の常連になっていました。何となく利用したい瞬間がくるんですよ。四六時中風俗を利用している訳ではないですし、風俗のことを考えているでもないんです。ただ、ふと利用したくなる時がどうしてもやってくるんです。そんな時でも風俗は問題なく利用出来るじゃないですか。それもあって、途中あまり利用しない期間もありますけど、結局はまだ風俗を利用するんですよね。男にとっての願望そのものが形になったかのような世界じゃないですか。だから足を運べば必ず楽しめるって言っても過言ではないだけに、利用したい気持ちにさせられるんです。男が好きなだけわがままを言える。それが風俗って世界ですかね。

楽しみ方がいくつもあるからこそ

これといって何かを決め打ちするのではなく、自分の好きなように自由に楽しめることもまた、風俗の魅力の一つなんじゃないかなって思うんですよね。何をどのように楽しむのも、基本的には自由だと思うんですよ。それこそジャンルだってたくさんありますしね。どのジャンルを選ぶのかや、どの風俗嬢にするのか。すべて自由だし、女の子もそれぞれ個性が違うので、どういった楽しみ方になるのかは違うじゃないですか。それもあって、風俗では自分なりにいろいろとテーマを持って楽しむようにしているんですけど、特に好きなのが性感マッサージなんです。まぁ自分が受け身という点もあるんですけど、性感マッサージだと自分の理想に最も近い快感を得られるなって。他の風俗も楽しいんですよ。でも性感マッサージの時だけは自分でも本当に驚くくらい楽しめるんですよね。それがあるので、風俗では基本的には性感マッサージを軸に、その他のことを楽しむようになりましたね。