今更聞けない「風俗」

爽快感もまた、「快感」です

ソープが好きな理由は爽快感にあります。爽快感。これもまた、「快感」という言葉が含まれているように、男にとっては悪いものではありません。他の風俗でも爽快感は得られるとは思いますけど、他の風俗だとどうしてもフィニッシュ付近では受け身で楽しむしかないですよね。女の子がどれだけ頑張ってくれるのかこそ、絶頂に使づけるかどうかの分かれ目じゃないですか。でもソープだけは自分の動きによってもまた、快感に近づけるんですよ。しかも自分が動けば動くほど、女の子も感じてくれるんです。だから運動しようとか、頑張ろうとかじゃなく、勝手に腰が動いているって人も多いんじゃないですかね(笑)まさに無我夢中の状態になって女の子を攻めて、そして自分も快感を得られる。それがソープの醍醐味ですし、ソープだけでしか得られないとても貴重な快感なんじゃないかなって思うので、欲求不満の度合いがかなりのものだなって思った時にはソープに行くようにしています。

再会したくなるのも無理のない風俗嬢

その日は特にこれだっていう風俗嬢がいた訳じゃなく、何となく風俗店まで行ったんです。たまには事前にみっちり決めておくのではなくて、お店まで行ってから決めようと。それに、お店のスタッフと話しながら風俗嬢を決めるのも嫌いじゃないんですよ。そこで様子を探りつつ、じゃあどうするのか。そんなことを決めるのも風俗の醍醐味の一つなんじゃないかなって思っていますが、その日はボーイさんが「リピート率がかなり高い」と太鼓判を押してくれたKちゃんにしてみました。リピート率が高いってことは、その日のプレイでかなり満足するからこそだと思うので、自分でもかなり楽しみにしていました。そして彼女とのプレイを楽しみましたけど、なんで彼女のリピート率が高いのかがよく分かりました。自分も彼女との時間を過ごしてみて、これは是非とも次も楽しみたいと思いました。彼女のちょっと舌っ足らずな喋り方と、その喋り方とは裏腹の美形。そして何気に巨乳ですし。