今更聞けない「風俗」

哀愁もまた、ピンサロの魅力かな

ピンサロにはどこか哀愁を感じるんですよね。別にピンサロそのものは風俗の中の一ジャンルとしてしっかりと確立されているものだと思うんです。でも、あの雰囲気ですかね。他の風俗とは違って個室ではなく、フロアじゃないですか。フロアの中でもいろいろとありますけど、個室で仕切られていないので、そこに誰がいるのかも何となく分かっちゃうんですよね。そこに哀愁というか、男の欲望が渦巻いているなって思ったんですよね。特にピンサロってすぐにプレイが始まるじゃないですか。余計なこともせず、本当にササっと拭いてすぐにでもプレイが始まるんです。ここまで無駄のない風俗は他にありませんよね(笑)でも、同じフロアということでどこか哀愁があるというか男たちの様々な気持ちの中に自分も混ざったと思うと、ピンサロって気持ち的な面こそ魅力なのかもしれないなって思いました。最後は女の子にしっかりと放出してきましたけど、想像以上の世界がありましたよ。

お金は案外なんとかなる

時間、お金。風俗を楽しむためにはこの二つが重要ですけど、時間に関しては各々が頑張ってねん出するしかないものの、お金に関しては割とどうにかなるのが風俗の世界なんじゃないですかね。もちろん無料で使えるとかではなくて、風俗店はクーポンを出しているところも多いですよね。後はメルマガ。だから割引に関してはそんなにハードルは高くないんです。それこそ、かなり大きな割引をしてくれているところもあるんです。それらの情報は知っているだけでも十分に活用出来るんですよね。だからクーポンは是非とも使うべきかなって思っています。むしろ使わないのは勿体ないんじゃないかなとさえ思うんですよ。入手困難だったり、特定の条件下でなければ使えないようなものであれば仕方ないかなって思いますけど、スマートフォンでポータルサイトを見れば、多くの風俗店のクーポンを簡単にゲット出来る時代なんです。そう思ったら、むしろ使わないことの方が勿体ないんじゃないかなとさえ思うんです。