今更聞けない「風俗」

確かに、巨乳のソープ嬢の方が良い

微乳も悪くはないと思うんです。でも、現実的に巨乳ソープ嬢と楽しんじゃうとやっぱりソープで相手をしてもらうなら巨乳だなと(笑)
前回吉原のソープで遊んだソープ嬢が見事な巨乳だったんです。巨体ではなく巨乳。そこに大きな魅力を感じましたね。それでいて彼女、巨乳を惜しまないというか、こちらのためにその巨乳を何度も何度も武器にして刺激してくれました。
それに、やはり彼女は巨乳を武器にすることに慣れているんでしょう。すべてが上手でした。巨乳の使い方という点では、自分が相手をした歴代風俗嬢の中でトップクラスです(笑)彼女なりの工夫というか、例えば挟むにしてもいきなりトップスピードで挟むでもなく、かといって圧力を加えるでもなくこちらの様子を見ながら上手に力を調整していくんですよ。そして左右の巨乳を同時に動かすこともあれば、別々に動かすこともあったり。様々な工夫を見せてくれたので、彼女との時間は物凄く捗りましたね(笑)思い出すだけで股間周辺が熱くなってきますよ。

なぜ吉原のソープががいいのか試してきた

なんで吉原のソープがここまで人気なのか、吉原のソープを利用したことがない自分には分かりませんでした。
でも、職場の同僚の大半がソープ、それも吉原にあるソープが好きなんです。だから休憩中の話題にしても風俗やソープばっかりなんですよね。それが何とも言えない孤独感となっていたので、自分も一度くらい楽しんでみようかなって思って休日に吉原のソープに行ってきたんですけど、なんで多くの同僚がハマるのか分かったような気がします。そして、これまで吉原でソープを利用したことがないのに否定的だった自分が恥ずかしいなとも思いました(笑)
もう吉原のソープは理屈じゃないんですよね。快感を求めて自分という殻をぶち破るものだってことに気付かされたんですよ。だから斜に構えたり、格好つけているようでは本当の意味で吉原のソープは楽しめません。すべてをさらけ出してこそ、ソープがより楽しいものになるってことに気付かされましたので、今後は同僚とも話が合うんじゃないかなって思っていますけどね(笑)